受講料の補助金、割引制度

 介護職員初任者研修 受講料の割引、補助金制度。

「介護職員初任者研修」の高額な受講料を安くする 「割引制度」「補助金制度」がいくつかあります。


● ハローワークで実施されている「求職者支援制度」

募集時期が決まっている、人数制限がある、選考テストがある、雇用保険の受給が終わっている、卒業後は速やかに就職する意思がある、 などの条件はありますが、上手くこの制度を利用することが出来たら、なんと! 通学中は、職業訓練受講給付金として

10万円/月(一定の条件あり)と交通費が支給されます。

お金を払のではなく、お金をもらいながら 資格を取得することが出来るのです。
そのうえ、卒業後の就職までお世話になることが出来ます。


●「求職者支援制度」よりハードルの低い「教育訓練給付金制度」

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。(厚生労働省のNPより引用→★★★ )

条件として、初回は雇用保険に入って1年、次回からは3年経過しないと利用でません。


他にここでも触れたように、先に無資格状態で介護の現場で働き、仕事をしながらその会社の資格取得制度を利用する方法があります。

 自分に合う「介護職員初任者研修講座」の探し方

一番簡単で確実な探し方は、資料をたくさん集めて、自宅でじっくり比較検討することです。 資料請求には1円もかかりません。全て無料です。

↓ こちらのサイトから、全国のスクール資料が一括無料で請求することが出来ます。
介護職員初任者研修の資格をとるならケア資格ナビで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする