ホームヘルパーの仕事内容

 ホームヘルパーの仕事内容

訪問介護員の仕事は、家事の手伝いや身の周りのお世話など、普段の生活の中にあり、誰にでも出来る仕事がほとんどです。

具体的に言うと、

・足が悪くて買い物に行けない方の代わりに、日常の買いものを代行。

・身体を思うように動かせない方の代わりに、調理・掃除・洗濯・布団干し。

・日々の着替え手伝い、季節の衣替えのお手伝い。

・自力でトイレに行けない方へのトイレ介助。

・認知症で朝起きることが出来ない方へ起床介助・朝食準備・食事介助・見守り。

・薬を飲み忘れてしまう方への服薬確認。

・ひとりで病院へ行くことが困難な方への通院介助。

・寝たきりの方へのオムツ交換・食事介助・体位変換・身体清拭。

・独居の方の安否確認。

・デイサービスへ行く為の準備手伝い・送り出し。

・デイサービスから帰ってからの片付け手伝い・お迎え。

・ひとりでの入浴が危険な方への入浴介助。

・留守番中の見守り。

どうでしょうか。特に難しい仕事ではありません。

ただし訪問介護員には、利用者さんの安全・生活・健康を守らなければいけない責任があります。 そこが一番大事なところです。

 ホームヘルパーと家政婦さんの違い

仕事内容だけ見ると、家政婦さんの仕事と大して変わりないように思えます。
現に「訪問介護員(ホームヘルパー)= 家政婦」と理解している方がほとんどではないかと感じます。

でも訪問介護員は、単なる家事手伝いとは基本的に異なります。
介護の根底にあるのは「自立援助」です。

利用者さんの出来ないことを手伝い、生活の質を向上させ、精神的・身体的機能の自立、あるいは維持に努めます。

ご自身が出来ることはお手伝いしません。
介護では、何でも手伝うことが良いことではありません。 それは利用者さんの使える機能を奪うことになるからです。

自力でやろうと頑張っている利用者さんに対し、「私がやった方が早いから。」、「やってあげた方が親切だから。」と言う理由でヘルパーが手を差し伸べることはありません。

時間が掛かっても、利用者さんの努力と安全を見守ることも介護ヘルパーの仕事です。


ホームヘルパーの仕事は、家事が嫌いでなければ無理なく勤まる仕事です。
また、育児経験があれば、おむつ交換や入浴介助にも抵抗無く、より向いている職業だと思います。

私も主婦・育児経験があるので、訪問介護の仕事には「馴染み」があり、手順もすぐに覚えられました。 毎日我が家でやっていることをよそのお宅でやると、こんなに喜ばれて、お金にもなるんだぁ・・・と、思ったものです。

うちで掃除したって、「ありがとう。」なんて誰にも言われないですものね。。(涙;)


仕事時間は、一件の訪問につき、30分以上2時間以内が相場です。
ケアマネージャーが作った介護計画書に沿ってサービス提供が行われます。

訪問時間厳守なので、余裕で予定をこなせるお宅もあれば、バタバタと慌ただしく時間いっぱい使ってやっと終わるお宅もあり、それは様々です。

訪問介護員の技量によっても違ってきますし、丁寧にやる訪問介護員もいれば、
(・・ここだけの話・・)手抜きをする訪問介護員も居ます。

人がやることですから、同じサービスをしても差が出てしまいます。

この差を無くそうと、各事業所で独自の講習会を開いて常に勉強しています。
とは言え、こういった講習会は強制ではない為、やらない人は全くやらず、上下の差は開くばかり。

それに介護技術が上だろうが下だろうが、勤続年数が長かろうが短かろうが、
悲しいかな 給料は同じ なのです。

その辺にも、介護職の離職者が減らない原因があるように私は思います。

 訪問介護員ホームヘルパーとして仕事を始めるには

「介護職員初任者研修」を終了すれば、即、ホームヘルパーとして働くことが出来ます。

求人広告で等で探した「訪問介護事業所」へ行って面接をすれば、余程のことが無い限りすぐに採用が決まります。介護事業所は常にどこも人手不足ですから、仕事探しに苦労することは先ずありません。

 自分に合う「介護職員初任者研修講座」の探し方

一番簡単で確実な探し方は、資料をたくさん集めて、自宅でじっくり比較検討することです。 資料請求には1円もかかりません。全て無料です。

↓ こちらのサイトから、全国のスクール資料が一括無料で請求することが出来ます。
介護職員初任者研修の資格をとるならケア資格ナビで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする